1.「て」は半分に折り40cmほど取る
2.胴に3回巻いてしっかり締める
3.交差部分から25cmくらいになるよう
「たれ」を二重にする
4.「て」が下「たれ」が上になるように持つ
5.「て」が下になるよう結ぶ
6.ここまでは貝ノ口と同じ(ては長め)
     
7.長く取った「て」を斜め上に折り返す
8.「たれ」を下に折る
9.折った「たれ」を帯と帯の間に通す
     

 

※ たれが長くなってしまったら帯の間に挟んで隠してしまっても良いようです。
手の長さで笹の長さが決まりますのでお好みで調整してください。
手を40cmにすると写真のような感じです。

10.「たれ」の長さを調整して出来上がり!
 
     

 

 
Copyright(C)2006 群馬きもの復興委員会 えにし .All Rights Reserved :Produced by e-planet
サイト内に掲載されている記事や写真などの無断複写・転載は一切禁止いたします。