ようこそ!群馬きもの復興委員会「えにし」へ・・

かつて群馬は養蚕の盛んな絹の里でした。
きもの離れが進んでいる現代に、きもの生活を取り戻そうと発足したのが、
「群馬きもの復興委員会」です。
名前がちょっと硬いですか?でも難しい事は何もしていません。
きもの離れの進む現代、日本の民族衣装であるきものを、
「もっと盛り上げよう!」そんな願いを込めて、
きものファンを応援し交流できる空間を目指しています。


上毛カルタにも歌われているように、桐生織物、伊勢崎銘仙・富岡製糸と、
養蚕に関わる産業が盛んでしたが、時代の流れと共にきもの離れが進み、
今では何か特別な時にしかきものを着なくなってしまいました。
寂しいですね・・・
しかし日本人の心の中にはきものに対する愛着が、
静かに流れ続けているのではないでしょうか?

特別な日でなくてもきものを着られる・・・
そんな空気を作っていきたいと思います。

今年は着付けボランティアにも力を入れていきます。
一緒に活動してくださる方も大歓迎です。
条件はたった一つ!「きもので参加」してくださることです。

ひとつひとつが手作りで、
大きなことはできませんが楽しい情報を、
いっぱい!いっぱい!みなさんにお伝えしたいと思います。
たくさんの方にご参加いただける事を願っております。


管理人:えにし

 

 

 

 

 

 
Copyright(C)2006 群馬きもの復興委員会 えにし .All Rights Reserved :Produced by e-planet
サイト内に掲載されている記事や写真などの無断複写・転載は一切禁止いたします。
>>>トップページへ